肌荒れも症状のひとつ

アレルギー対策をしながら美人になれる!?秘密を公開

肌荒れでメイクどころではなくて…

花粉症というと目や鼻のトラブルを最初に思い浮かべますが、実はお肌をはじめ口の中や耳まで、さまざまな影響が出てきます。

その中でも筆頭のお悩みが、肌トラブル。

肌荒れも気になる

肌のかゆみ,赤み、乾燥など。目の周りや首もとなど、皮膚が敏感な部分が炎症になることも多いようです。辛い方ですと、痒くなったり湿疹ができたりすることも。もともとアトピー症状をお持ちの方も、花粉症の時期はさらに症状が辛くなるとのこと。

乾燥肌だけでもメイクのノリがまったく違ってきますし、過剰反応のせいで普段使っているお化粧品やスキンケアでさえ、刺激が強すぎてしまうことも。

湿疹や痛み、アトピーなどの症状が出てしまえば、当然メイクも控えないといけませんから大変です。
なるべく低刺激を心がけて!

 

花粉症で神経過敏になっている時期は、

  • お肌のガード機能を高める
  • 余計な刺激を与えない

大事なポイントです。

ガード機能というと大袈裟ですが、要は保湿、栄養補給などを心がけ、しっかりとターンオーバーができる肌状態を保つこと。
特に保湿は一番の基本になります。

お肌についてしまった花粉を落とすために洗顔をする機会が増えますが、毎回ローションなどでしっかりケアしてあげましょう。
さらにプラスして、ガード機能がある美容クリームを使ってあげるのもいいですね。もちろん低刺激、天然成分ものがおすすめ。

エイジングケア系の重いクリームを使う時は、肌が薄く敏感な部分(目の周りはNG!)や、花粉症らしき肌トラブルが出ている部分をなるべく避けて。

普段より低刺激のスキンケアを選ぶのも有効です。また、ピーリング効果のあるものは刺激が強いので、この時期は避けた方が賢明でしょうね。

花粉症の意外な症状

さらに頭痛、微熱、喉など粘膜のかゆみ、痛み、耳の中のかゆみなど、ちょっと意外な症状についても、間接的な原因は花粉だったりします。

花粉症の時期に「熱っぽいけれど、風邪?」と思われる方も多いのでは?だるさ、微熱、頭痛なども、実は花粉症の症状のひとつ。

目薬や鼻のお薬のように、対症療法的なものがないために、やはり体質改善を基本とした根本ケアが必要になってきます。

鉄分やビタミン、ヒアルロン酸などを補給するために、もともとサプリを利用されている方も多いと思いますが、さらに花粉症体質を改善するようなサプリを組みあわせていくといいですね。

花粉症サプリメントでアレルギー体質改善