鼻トラブルでメイクがボロボロ

アレルギー対策をしながら美人になれる!?秘密を公開

鼻水、くしゃみ、ティッシュの肌荒れ…

目の次にアレルギー症状が出るのが鼻ですが、こちらも女性ならではの悩みがありますね。

鼻水。お客様を前にする職種なので、鼻水をすするなんてもってのほか!かといって露骨にかむわけにもいきません。

メイク崩れ。クシャミで顔周りをハンカチでおさえるたびに、そして鼻をかむたびにメイクが少しずつ崩れてしまいます。
ティッシュで肌荒れ。何度も繰り返しかんでいたら、鼻の下が赤く荒れてしまいます。

特に鼻まわりが赤くなり、さらにメイクまで落ちてしまっているのは仕方がないとはいえ、女性としてみっともないものです。

また花粉の混ざった鼻水を飲み込んでしまうと、喉のトラブルの原因になるだけでなく、女性がもともと悩みがちな消化器系にも悪影響が出る事も。

鼻のアレルギーの原因は?

鼻のトラブルの原因は、花粉に反応した防御反応の結果として分泌されるヒスタミンとロイコトリエン。

花粉を外に追い出そうとして働くヒスタミンの指示で、勢いで花粉を排出するためのくしゃみや、鼻の中にたまった花粉を流し出す鼻水が出るというわけです。

花粉症のアレルギー反応で出る鼻水が風邪の時より水っぽくなるのも、異物を流し出すのが主な目的だからなんですね。

さらにロイコトリエンが血管をひろげて水分が染みだすことで鼻内部を腫らし、花粉がなるべく奥まで入ってこれないようにします。この結果、鼻づまりが起きてしまいます。

鼻の中を清潔に保つことと、低刺激を心がけて!

こちらも目のトラブル対処法と一緒で、まずは鼻の中の花粉をこまめに追い出してあげることが大切。そうすれば鼻水に働いてもらう必要もありません(笑)。

基本は同じく洗浄です。

手にすくった水を鼻で吸い込むイメージで、鼻の穴を洗浄してあげてください。本当に吸い込む必要はありませんので、念のため。

目よりも手軽なので、こまめに洗浄が可能なはず。外に出た後は必ずこれをするだけで、かなりラクになりますよ。

それからティッシュ選びもポイント。シルクなどの入っている柔らかいタイプのものを選びましょう!固いティッシュは肌をいためて肌荒れの大きな原因になります。

また、ティッシュで鼻をかむたびに水分も少しずつ奪われてしまいます。しっとり柔らかいティッシュを使い、さらにクリームやローションで鼻周辺の保湿をしてあげましょう。乾燥をしていると、ティッシュによる摩擦が大きくなりますので赤くなる原因になります!

この時期は、鼻周りのメイクをささっと直せる、おさえるタイプのファンデーションを常備しておくと便利です。

マスクをする場合は、マスクにも花粉が付着するのでこまめな交換も大切です。

花粉症サプリメントでアレルギー体質改善