一般的な治療方法

アレルギー対策をしながら美人になれる!?秘密を公開

主流は対症療法と免疫療法

花粉症の根本治療は、残念ながら今のところ存在しないといわれています。

ですから、主に薬の投与や内服によって出てしまった症状を抑える対症療法が、現在の花粉症対策の主流となっています。

対症療法をシーズン前からはじめるのも予防法の一つですが、完全に症状を抑えられるわけではありません。

それ以外では、免疫機能に人工的な影響を与えてコントロールすることで症状を抑えるアレルゲン免疫療法も行われています。

こちらは薬物を使う対症療法と違い、治療期間が終わってからも抗アレルギー効果が持続するのがポイントですが、なかなか手軽にできる治療ではありませんし、効果も決して永続するものではありません。

もちろん薬や医療機関での治療に頼るだけでなく、長期的にアレルギー体質改善を考えるのであれば、日々の生活習慣の一環としてサプリなどを併用するのもおすすめです。

花粉症対策+美貌に良いサプリ比較ランキング>>

対症療法についてもっと知りたい!

投薬対症療法の主なものは、薬の投与や内服です。

ヒスタミンやロイコトリエンといった症状を引き起こす物質の分泌や、分泌されてしまった後でもその働きを抑える効果がある「抗ヒスタミン薬」の処方があります。

薬は内服するもの(錠剤やカプセル)と、目薬や鼻のスプレーなど、直接粘膜に対して使うものがあります。眼科や耳鼻科でも、内服と点眼/点鼻薬の両方を処方してもらうことが多いでしょうか。保険も利きますし、それほど費用はかかりません。

気をつけたいのは、内服薬は眠気をはじめとする強い副作用が出るケースがあること。車の運転をする、精密なものを扱う職種の方は注意が必要です。

他の薬との併用や、妊娠期、授乳期の内服についても必ず医師や薬剤師さんに相談する必要があります。自己判断は危険ですので絶対にやめましょう!

花粉症のピーク時期は、お医者さんも非常に混雑しますので、通院の際はある程度の待ち時間を確保する、または予約をして行くようにしましょう。

アレルゲン免疫(減感作)療法とは?

他の花粉症治療法としてメジャーなのは、アレルゲンを注射によって身体に取り入れることで、逆にアレルギー反応を抑えるアレルゲン免疫療法。減感作療法と呼ぶ方もいらっしゃいます。

個人差はありますが対症療法よりアレルギー軽減効果が強い、効果が持続する、副作用が少ないという理由で選ぶ方も多いようです。

ただし週2~3回か、月1回の通院の必要があること(治療ペースで異なります)、保険がきくとはいえ長期的に費用がかかること、完全な効果が出るまでは数年~長いと10年近く通い続ける必要があることなどといった悩みどころがあり、特に仕事をしている方はジックリ続けていくことがなかなか難しいのが現実です。

花粉症サプリメントでアレルギー体質改善