症状を軽くするセルフケア

アレルギー対策をしながら美人になれる!?秘密を公開

花粉対策の基本とは?

花粉の飛散シーズンは、薬に頼るだけでなく自分でも症状をやわらげるためのケアを心がけましょう!まず、職場や自宅になるべく花粉を持ち込まない工夫を。

  • 花粉のつきづらい上着を着る(毛足の長いものは花粉がからまりやすく、落ちづらいです。化繊の上着がおすすめです)、玄関外で必ず上着をはたくのは基本中の基本。
  • 部屋の換気はなるべく空気清浄機や清浄機能のついたエアコンを活用、どうしても開ける時には風のない日の夜間や、花粉が飛ばない雨の日を選びましょう。
  • 部屋をこまめに掃除することも大切。掃除機は排気で花粉を舞い上げてしまうので、濡れぞうきんを使うと良いです。
  • 自分の目と鼻、顔をこまめに洗浄して、身体にも花粉をためないようにしましょう。

外出の際に気をつけたいこと

花粉情報(飛散量や時間帯)はネットやテレビでチェックし、特に風の強い日、晴れて温かく、乾燥した日は花粉の舞う量が増えます。外出時間や服装に注意しましょう!

花粉のことを考えれば、夜や雨の日を選んで外出するのも悪くありません。

メガネはたとえダテメガネでも、花粉防止に効果があります。この時期だけでも、お洒落感覚でデザインに凝ったメガネやサングラスをかけてみるのはいかがでしょう?

ハーブやアロマを活用して

花粉症対策をある意味楽しめてしまうのが、ハーブやアロマオイルを活用する方法。

まず、ユーカリのエッセンシャルオイル。抗アレルギー作用で人気のハーブです。ユーカリのオイルを1滴たらしたぬるま湯で、朝晩の洗顔をすると抵抗力アップで効果的です。お風呂にお湯をはって2滴くらい入れて使うのも◎。

ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなどのキャリアオイル(ベースとなるオイル)に対して、3%以下に希釈したエッセンシャルオイルを鼻の下に塗ったり、熱湯のカップに2~3滴たらして鼻から蒸気を吸い込むのも症状の軽減になります!

ほかにも免疫力を高めたり抗アレルギー作用のあるハーブなら、ネトル、ペパーミント、エルダーフラワー、エキナセアなどがおすすめですよ。

ハーブティーは手軽なのでオススメです。花粉症シーズン中は鼻づまりなどの症状で眠れなかったり、眠りが浅かったりしませんか?私が実際にやっている方法は、睡眠不足解消にカモミールのハーブティーを飲んでいます。症状を緩和しながら、ゆったり香りでリラックス…。ストレスも少しずつ和らいでゆくのを実感します。

花粉症サプリメントでアレルギー体質改善