花粉の種類とシーズン

アレルギー対策をしながら美人になれる!?秘密を公開

花粉症は春だけではありません

スギ花粉が気になる春

花粉症の季節は2月からせいぜい4月くらいまで、と思っていませんか?

実は大きな間違いです。テレビなどでは春先しか特集しないので、花粉症=スギ花粉と思われている方もいらっしゃいますが、実は1年中、花粉症になる可能性はあるんです。

同じ時期でも人によって反応する花粉(アレルゲン)が違うのも、症状の個人差が大きい理由のひとつ。

 

秋の花粉症の代表格ブタクサやヨモギをはじめ、スギやヒノキ以外にも数多い、花粉の種類とシーズンを下記にご紹介します。

  • 2月〜5月頃
    スギ、ヒノキ、ブナ、マツ、ニレ
  • 4月〜6月頃
    シラカバ
  • 3月〜10月頃
    イネ
  • 8月〜10月頃
    ヨモギ、ブタクサ、イラクサ

などなど。上記はあくまで関東地方を中心とした目安であり、季節や気温などでシーズンは変わってきます。

花粉以外にも気をつけたいアレルゲン

また、花粉以外にもアレルゲンになりうる要素は数多く存在しています。

代表的なものは、ダニ、ハウスダスト、カビ、埃など。特に花粉症の季節は反応が過敏になるようで、他の種類のアレルギーも悪化したり、症状が出やすくなる傾向があります。

これらのアレルゲンは花粉と違って季節を問いませんが、同時に自分で気をつけることで対処しやすいものでもあります。

掃除をマメにする、換気を心がけるというだけで、かなり変わってきます。女性だとあまり部屋を汚くしている方は少ないと思いますが(笑)防犯上、あまり窓を開けての換気ができない!という場合は、空気清浄機を利用するのも良いかもしれませんね。

自分のアレルゲンの調べ方

ちなみに自分が何のアレルゲンに反応しているかは、病院でカンタンに調べることができます!

血液検査によって、自分の血液の中のIgE抗体の量と種類を測定し、アレルゲンの種類だけでなく重症度までチェックすることができます(数値と実際の症状の出方が常に一致するとは限らないので、あくまで目安です)。

費用はかかりますが、自分のアレルゲンの種類を把握しておくことで、それぞれの花粉の飛散時期にあわせて事前予防ができるのは助かります。

花粉症治療は症状が出る2週間くらい前が良いといわれています。おおまかでもシーズン開始時期がわかっていれば、対症療法が必要な場合でも、むやみに早くから薬を飲み過ぎないで済むというメリットもあります。

ほかにも微量のアレルゲンを注射したりや皮膚テストを行う測定方法がありますが、実際にアレルギー反応を見るタイプのテストは、抗アレルギー薬の服用中は行えません。シーズン外にお願いすることになります。

花粉症サプリメントでアレルギー体質改善