アレルギー反応が出るしくみ

アレルギー対策をしながら美人になれる!?秘密を公開

免疫の過剰反応が原因です

アレルギーは、そもそも身体の防衛反応が過剰に働いてしまうことが原因で起きる症状。

花粉症も同様で、本来なら無害なはずの花粉に対して「これは敵だ!」と判断した身体が攻撃したり、追い出すための反応を起こしてしまうのです。

一度、目や鼻の粘膜に花粉がつくと、花粉の内部のたんぱく質が溶けて体内に取り込まれます。

そして一旦、身体がそのたんぱく質を「異物」と認定してしまうと、花粉に反応する抗体IgEが作られます。

無害な花粉に対して抗体IgEが作られてしまうという過剰すぎる防衛反応が、最終的にアレルギー症状として現れてくるというしくみです。

アレルゲンってよく聞くけど…?

花粉症の情報を調べていると、アレルゲンという言葉をよく耳にされるのではないでしょうか?

アレルゲンとは、アレルギーのもとになる要素のことを指します。

花粉症のアレルゲンは名前の通り様々な花粉ですが、よく知られているスギ花粉以外にもたくさんの種類があります。

もちろん、ハウスダストやダニ、はたまた卵や魚介類といった、花粉以外のアレルギー原因となる要素も人によってはアレルゲンです。

複数のアレルゲンに反応して症状が出ている場合は治療法を判断しづらいので、治療や予防の一環として血液検査などでアレルゲンを調べる方も多いですね。

直接の犯人はケミカルメディエーター

そして、実際の鼻水、鼻づまり、くしゃみ、目のかゆみ(これは4大症状とよばれるものです!)の原因となるのが、ケミカルメディエーターとよばれる物質。

先ほど出てきたIgE抗体が肥満細胞と結合すると、細胞から「身体に異物除去の反応を起こさせる」ための物質が分泌されます。

この物質の代表的なものが、知覚神経と分泌中枢を刺激するヒスタミン(かゆみ、くしゃみ、鼻水、目やになどの原因)と、血管をひろげるロイコトリエン(鼻づまり、目の充血などの原因)。

カタカナが多くてちょっと分かりづらいと思いますが、花粉症関連の情報を探す時や、お医者さんに相談するときには役に立ちますので、覚えておいた方が良いと思います。

花粉症サプリメントでアレルギー体質改善