免疫力を高める食生活

アレルギー対策をしながら美人になれる!?秘密を公開

ヨーグルトで腸内環境を整える

食生活で免疫力アップをはかるのは最も重要な体質改善の方法のひとつ。毎日取り入れられるものなので、ぜひ試してみてはいかがでしょう。

食生活が大事!

まずオススメなのは、ヨーグルトです。テレビや雑誌でも「ヨーグルトは花粉症に有効!」と取り上げられていたので、ご存知の方も多いのでは?

善玉菌、悪玉菌という言葉を聞いたことはありますでしょうか?腸内にいる菌は、およそ100種類から120種類にのぼるといわれます。その中で、腸内を酸性にして有害物質を退治し、免疫力を高めてくれるのが善玉菌。しかしアレルギー体質の方は、腸内の悪玉菌が活発になることで腸内環境が悪くなっていることが多いそう。抵抗力が弱まり、免疫力にも影響してきます。

善玉菌と悪玉菌のバランスは、主に食生活に影響されます。特に善玉菌である乳酸菌やビフィズス菌を含む食べ物を毎日摂るのが有効のようです。

そういった理由から、乳酸菌をたっぷり含んだヨーグルトが花粉症に良いと言われているわけです。

 

毎日のお茶でアレルギー軽減

毎日の飲み物を、花粉症対策に効果的といわれるお茶に変えてみるのも良いですね。

いちばんお手軽なのは、普段からどこでも買える緑茶カテキンはポリフェノールの一種で、ヒスタミン分泌を抑える効果があるといわれます。(さらに体脂肪燃焼の手助けをしてくれるとのことで、女性には嬉しいですよね!)

毎日のうがいに使うだけでも効果があるそうですよ。

ほかにも、甜茶、べにふうき茶、デトックス効果のあるどくだみ茶、さらにルイボス茶、シジュウム茶、柿の葉茶など、アレルギーに効果的といわれるお茶はたくさんの種類があります。

毎日飲むものですから、ハーブティー感覚で揃えておいて気分で好きなものを選んでも良いかもしれませんね!

かなりクセのある味や香りのお茶もあるので、ハーブティー同様に好みや体質でしっくりくるものを選んでください。ちなみに私は、緑茶とどくだみ茶、枇杷茶をローテーションでいただいています。

ポリフェノールを摂る食生活

先ほどのお茶の成分としても紹介しましたが、ポリフェノールは抗アレルギーのはたらきがある成分として非常に注目されています。

5大栄養素に次ぐ栄養素として研究が進んでいるポリフェノールは、アレルギー症状の引き金になるヒスタミンの分泌をおさえるだけでなく、同時に発生する活性酸素をおさえる抗酸化作用もあるそうです。

日頃の果物や野菜の苦みは主にポリフェノールによるものですから、なるべく食物繊維の多いもの、果物・野菜を食生活に取り入れるようにしたいですね。

特に赤紫色のもの(ワイン、林檎、ブルーベリー、紫芋など)に多く含まれている そう。
また、大豆食品に含まれるイソフラボンもポリフェノールの一種です。

私の愛用サプリ

どうしても生活習慣が乱れがちな方、忙しくて食事が不規則になってしまう方は、サプリで摂取していくのがおすすめ

ポリフェノールはアレルギー体質脱出の
大切な要素です!

ベスト・オブ・サプリを見つけたい方はココへ>>

 
花粉症サプリメントでアレルギー体質改善